アイデアは、いくつになっても現れる-ケラリーノ・サンドロヴィッチ

アイデアは、いくつになっても現れる-ケラリーノ・サンドロヴィッチ

「グループ魂」のボーカル・三宅弘城やドラマで活躍する大倉孝二など、個性豊かなメンバーが顔を揃える劇団「ナイロン100℃」。この個性的な集団を主宰として率いるのがケラリーノ・サンドロヴィッチ氏だ。12月、いよいよ三重に初登…

Read More

鳴海康平&王嘉明がSF小説の金字塔を舞台化―第七劇場 日台国際共同プロジェクト Notes Exchange vol.2「1984」

鳴海康平&王嘉明がSF小説の金字塔を舞台化―第七劇場 日台国際共同プロジェクト Notes Exchange vol.2「1984」

三重県文化会館プロデュースのもと、当地を拠点に活動する劇団・第七劇場が昨年から開始した日台国際共同プロジェクト。引き続き台湾のShakespeare’s Wild Sisters Groupをパートナーに、今年はSF小説…

Read More

場所と人との化学変化を起こすー鈴木史朗 ACOA「熊」「霧笛」

場所と人との化学変化を起こすー鈴木史朗 ACOA「熊」「霧笛」

三重県文化会館・津あけぼの座が共同でオススメの演劇を招聘していく「Mゲキ×Aゲキ」。 劇場のみならず、水田、池、ギャラリーといったあらゆる場所で、ダンサー・音楽家とのコラボレーションを行うA.C.O.A.の鈴木史朗さんに…

Read More

古典に敬意を持つこと、そこからしか何も出てこない―木ノ下裕一 木ノ下歌舞伎「心中天の網島-2017リクリエーション版-」

古典に敬意を持つこと、そこからしか何も出てこない―木ノ下裕一 木ノ下歌舞伎「心中天の網島-2017リクリエーション版-」

10月に三重にやって来るのは、2015年に上演された「黒塚」以来2度目の登場となる木ノ下歌舞伎。FUKAIPRODUCE羽衣の糸井幸之介が演出・作詞・音楽を手がける本作は、2015年に初演された「心中天の網島」の「201…

Read More

弦巻啓太 削ぎ落すことで生まれた「サウンズ・オブ・サイレンシーズ」

弦巻啓太 削ぎ落すことで生まれた「サウンズ・オブ・サイレンシーズ」

三重県文化会館と津あけぼの座が共同でオススメの演劇を招聘していく「Mゲキ×Aゲキ」。9月16日、17日に公演を行う、札幌の弦巻楽団(つるまきがくだん)主宰・弦巻啓太さんにお話を伺いました。 ―弦巻さん、演劇との出会いから…

Read More

河村竜也・山田百次 青年団リンク ホエイ 2年ぶりの三重 「麦とクシャミ」を今、上演すること

河村竜也・山田百次 青年団リンク ホエイ 2年ぶりの三重 「麦とクシャミ」を今、上演すること

―青年団リンクホエイは「珈琲法要」7)青年団リンクホエイは2014年10月「珈琲法要」(津あけぼの座)で登場。から2年ぶりに三重での公演となりました。三重との関わりについて教えて下さい。 河村:初めて三重に来たのは200…

Read More
1 2 3