呪いが解けない人に、観てほしい―田川啓介 水素74%「ロマン」

呪いが解けない人に、観てほしい―田川啓介 水素74%「ロマン」

一方通行な思いをぶつけ合い、すれ違い続ける人たちの姿を気まずい空気の中、シニカルな笑いで描き出す、田川啓介のソロユニット、水素74%。フィクションを突き詰めた初期からリアリティを重視した近作まで、作風の変遷を経た同ユニッ…

Read More

三重に声をかけてもらわなかったら、今回の上演はなかった―多田淳之介 東京デスロック+第12言語演劇スタジオ「가모메カルメギ」

三重に声をかけてもらわなかったら、今回の上演はなかった―多田淳之介 東京デスロック+第12言語演劇スタジオ「가모메カルメギ」

東京デスロックが三重に初登場する。上演されるのは、韓国の第12言語演劇スタジオと共同制作した「カルメギ」。チェーホフの「かもめ」をベースに、1930年代の朝鮮を描き、初演時に韓国の東亜演劇賞で作品賞、演出賞ほかを受賞した…

Read More

紙のぱふぉfile10を発行しました

noimage

東京デスロックが三重に初登場する。上演されるのは、韓国の第12言語演劇スタジオと共同制作した「カルメギ」。チェーホフの「かもめ」をベースに、1930年代の朝鮮を描き、初演時に韓国の東亜演劇賞で作品賞、演出賞ほかを受賞した…

Read More

紙のぱふぉfile09を発行しました

noimage

2012年に東京でのみ上演された、ハイバイ・岩井秀人の衝撃作「ヒッキー・ソトニデテミターノ」が再演される。三重でも2015年に上演された、ハイバイの代表作「ヒッキー・カンクーントルネード」の続編にあたる本作は、高校時代か…

Read More

シックな作品、でも三重のお客さんならわかってくれるはず―岩井秀人 ハイバイ「ヒッキー・ソトニデテミターノ」

シックな作品、でも三重のお客さんならわかってくれるはず―岩井秀人 ハイバイ「ヒッキー・ソトニデテミターノ」

2012年に東京でのみ上演された、ハイバイ・岩井秀人の衝撃作「ヒッキー・ソトニデテミターノ」が再演される。三重でも2015年に上演された、ハイバイの代表作「ヒッキー・カンクーントルネード」の続編にあたる本作は、高校時代か…

Read More

紙のぱふぉfile08を発行しました

noimage

三重とのつながりも3年目となる長崎の劇団F’s Company。今年劇団旗揚げ20周年を迎え、来年1月に四天王寺スクエアで「けしてきえないひ」を上演される主宰の福田修志さんにお話を伺いました。

Read More

地域で20年、演劇を続けていくということ―福田修志 F’sCompany「けしてきえないひ」

地域で20年、演劇を続けていくということ―福田修志 F’sCompany「けしてきえないひ」

三重とのつながりも3年目となる長崎の劇団F’s Company。2017年劇団旗揚げ20周年を迎え、2018年1月に四天王寺スクエアで「けしてきえないひ」を上演される主宰の福田修志さんにお話を伺いました。 ―F’s Co…

Read More
1 2 3 4 5 6